前へ
次へ

税理士の主たる業務とは何

「税理士」の主たる仕事は、「会計・税務業務」です。この仕事内容は、会計業務と税務業務からなりたっています。これは、企業等の取引を帳簿に記録し、決算を行って財務諸表を作成することです。また、様々な税金に対する仕事も行っており、確定申告の書類作成や相談業務がそれにあたります。更に、コンサルティング業務も行っています。税理士が行うコンサルティングとしては、「会計・税務(経営コンサルティング)」、「資金調達」、「株式公開」、「株価算定」などになります。税理士の基本業務は会計・税務業務ですが、広範囲に渡る内容の業務をこなしているのが現状です。様々な付加価値を付けることは、税理士の仕事の幅を広げることに貢献し、一層の活躍が期待できるのです。

top用置換

top用置換2
Page Top